1億PV達成!NAVERまとめで稼いだ全収益を公開

祝!NAVERまとめで1億PVを達成

1億PVまでの期間は?

私がNAVERまとめを始めたのは2012年10月です。

今日は2015年5月末ですので、2年半の全PV・報酬を公開します。

総ページビューは、104,293,268(1億400万)になりました(*^_^*)。

記事数は?

まとめ作成数は60個です。

1億PVは全てのまとめ記事がまんべんなくアクセスを集めたわけではなく、稼いでいるまとめと、全く稼げないまとめの差が非常に大きいです。

どのようなまとめがPVを稼いだかは後ほど紹介します。

PVの推移は?

2013年9月が最大で、1ヶ月間で1,0047,682PVです。

下のグラフが2年半PVの推移ですが、始めた当初は右肩上がりでした。

毎月のようにPVが伸びると本当にワクワクし、更にのばそうとかなりの時間と情熱を費やしていました。

スクリーンショット 2015-05-26 6.55.11

NAVERまとめには「view」と「ページビュー(PV)」があります。

「view」は各まとめの表示回数です。各まとめに表示されていて誰でも見ることができます。

「ページビュー(PV)」は、まとめの管理画面にしか表示されませんがNAVERのルールに基いて算出され(検索エンジンのクロールなどを除外しているそうです)、報酬に影響します。

総報酬は・・・・72万円

気になるお金の話。興味ありますよね。

2012年10月から2015年3月の期間の確定額の合計は、¥722,506円でした。

さて、これが多いのか少ないのかというと、NAVERの上位者の情報が公開されています。

[NAVERまとめ]公表の実績値

  • 月間23億PV・6,700万UUを超えるキュレーションプラットフォームに成長
  • まとめ作成者へのインセンティブ総額は4億円を突破
  • 最も多くインセンティブを獲得した作成者は1,500万円以上
  • 上位10名の平均額が約570万円
  • 上位100人の平均受取額は約150万円

参照:[NAVERまとめ] サービス開始5周年の実績値を公開 2014.07.29 LINE

上位100名の平均が150万ですから、その半額の報酬額となりました。

上位300人・・・・ちょっと謙遜して500人にはランクインできているのではないでしょうか?

NAVERまとめを見る側のままで、何もしていなければただ時間が過ぎただけなので、とても嬉しいです(*^_^*)

1PVあたりの収益は?

0.0069円です。

(¥722,506円 ÷ 104,293,268PV)

1ヶ月の最大報酬は?

2013年8月の¥28,232円です。

1ヶ月の最小報酬は?

2012年10月の¥536円でした。

これはまとめデビューの月、つまり初報酬です。

全報酬の画像を公開!

<導入期:2012年の報酬>

Naver_報酬_2012

記念すべき初月の報酬は536円でした。

すべてはここから始まった。たくさんまとめを作ったら・・・・もしかしたら、もしかしたら、月収を超えちゃうんじゃないのと、妄想をふくらませていました。

<成長期:2013年の報酬>

報酬額ピークの年!

月の報酬1万、2万、3万とつぎつぎ増やしていこうと熱くなりながらも、報酬が上げ止まってしまい、下がる恐怖や不安を強く感じていました。

Naver_報酬_2013

<成熟期:2014年の報酬>

成熟というより急速に衰退期に入ってきました。

Naver_報酬_2014

<衰退期:2015年の報酬>

2015年に入り、2つのまとめを作成しました。

この片方が以外に育ってくれまして、2015年8月下旬時点で、お気に入り95、76万Viewとなっています。

2015_part2

基本的に、上位のまとめのメンテナンス(情報の追加、検索ワードを見てのタイトルや説明文の調整)を行っているのみです。

2〜3日に1度30分〜60分程度です。

2015成果

※2015年8月に画像を更新。
(累計額は2015年3月までしか合計金額に加えていません。)

始めたきっかけは?

2012年10月当時、検索するとNEVARまとめがよく目について「自分でも作ってみたい」と思ったのがきっかけでした。

最初は、誰でも参加できるものだと知らずに、アカウント作れると知った時はとても嬉しくメラメラと意欲に燃えていました。

当時はキュレーションという言葉も聞いたことがない状態でした。「何をまとめようか?」「このテーマいいんじゃない?」といろいろなものをまとめるとしたらと考え、自然と自分の興味や視野が広がり、毎日が新鮮でした。

PVを上げるコツ、工夫したことは?

PVを稼ぐためにオススメは、人気のある(激戦区)のジャンルです。

他人の不幸は蜜の味とはよく言ったもので、やはり芸能ネタはメディア露出もあることからアクセスを生み出してくれます。

逆に、コツコツ自分の学びや趣味でまとめに取り組むのであれば、そのほうが長続きするのではないでしょうか?

最初は、自分が得意なジャンルを攻める

全然PVにつながりませんでした。今考えるとその理由は明確です。

自分よがりのまとめで、読み手にとって価値があるか、読んでくれるか?つい他の人に話したり自慢できたり、ネタにできるか?という観点では作ることができていませんでした。そう、そんなまとめ読む価値なんてなかったんです。でも気がつくのに時間がかかりました。

次に力をいれたのは、競合調査。成果を上げている人は何をしているのか?

上位のキュレーターを見つけては、どんなテーマでどれくらいのまとめを作っているか、何が人気かを調査しては自分なりに勝てる方法を探していました。

大きく分けて3パターンの攻め方を見つけました。

  • 数とスピードで攻めるスピードタイプ。事件や炎上など、旬な話題について素早くまとめをつくる
  • テーマを絞った専門まとめタイプ。テーマに即した内容を丁寧に解説しているまとめ
  • 継続的(毎日)更新するニュースタイプ。

まずは試してみないとわからないので、全タイプ自分なりに実践してみました。

もぉ〜これが大変なんです。

当時人気の写真まとめをてがける

テーマを絞ったまとめのライトバージョン。

簡単にいうと画像検索をかけて、いいものをじゃんじゃんまとめる。このタイプは、やっぱりアイドルネタは多いですね。

ある小動物(犬やネコなどメジャーではなく)のかわいい写真をあつめたまとめ、これがいい手応えでした。

私の60個のまとめの中で、Facebookのいいね!が398個つき、もっとも拡散されたまとめになりました。

次は「名言」をテーマに

小動物の「いいね!」で気分が良くなり、PV数とは違う反応(評価)が得られるジャンルを模索し、名言をテーマに作りました。

例えば、心が弱った時に元気になれる名言とか、素晴らしい経営者に学ぶリーダーシップの名言などです。

このジャンルはPVを稼ぐという意味で爆発力はありませんが、まとめの中で定期的にお気に入りされています。

残念ながら、PVを稼げるかというと、爆発力はありません。でも精神的な報酬は大きいです(自己満足)。

時事ネタを手がける

何かのニュースや事件を見つけたら、即効でまとめに上げる。これはスピード勝負。

例えば、電車が止まったらTwitterなどの情報(遅れる、困る、◯◯線は◯◯すぎるなどなど)を織り交ぜ、1つのまとめにするというものです。

これは自分が苦手とする攻め方だとわかりました。

自分がまとめをつくろうと材料を集めている段階で、数件同じまとめが上がってきてしまうんです。

しかも、そのまとめの旬は短く、その瞬間に注目を浴びなければ埋もれていく運命にあるんです。

私は一度作ったものが資産として、時間を超えて読み手の参考になり、その見返りとして報酬を長い時間もたらしてくれるものに時間を注ぐべきだと考えているからです。

芸能ニュース、ゴシップが大量PVを生みました

結論からいうと、これが大量のPVにつながりました。

そして、苦悩を生む原因にもなりました。

女優や俳優、芸能ニュース、ジャニーズをテーマに、恋愛(彼氏、彼女)や破局やスキャンダルをまとめていきました。

私の月間最大PVですが、24時間テレビに関わったジャニーズのスキャンダルまとめをつくっていたため、PVが飛び跳ねました。

これは狙い通りというか、予想を超えていたのでとても嬉しかったです。

しかもTwitterなどで拡散され、1つのまとめで2,000万PVを超えるほどでした。

また、恋多き女優を1人に絞った歴代の彼氏まとめは、ドラマや映画の話題、そして熱愛報道があるたびにアクセスが集まり、ホクホクしていました。

そうなんです。女優や俳優、ジャニーズの恋愛やスキャンダルまとめをどんどん増やせば、PVはかなり稼げるのではないかと、自分が攻めるジャンルを絞り込みました。

そして苦悩を生む

NAVERまとめは、広告媒体です。

つまり、広告主がいて、その報酬の一部がまとめ製作者に還元される仕組みです。

TV番組で、CMスポンサーをないがしろにすることは業界のタブーであるのと同様に、NAVERまとめにおいても広告主の意向はとても大きな影響をもたらします。

私に苦悩をもたらしたもの・・・・・それは、運営スタッフによる主力まとめが非表示になってしまったことです。

規約にも記載されていますが、例えばセクシャルな写真(水着でも)はアダルト扱いになったりします。アダルト扱いになると報酬ががくっと下がります。

そして、芸能人を対象としたスキャンダルネタのまとめは、広告主への自主的な配慮なのかはうかがい知ることができませんが、ある日突然、運営によって非表示にされてしまうのです。しかも、連絡や通知は一切ないんです。

俳優や女優、そしてジャニーズはやっぱり引っかかりやすいんです。最もPVを稼いだ某ジャニーズのスキャンダルまとめは、ある日突然非表示になりまた。もちろんPVは激減です。もう呆然。

熱意をもって取り組んでいた時は、運営にメール連絡をして、抵触している部分を削除し、非表示解除のやりとりを何度もしたことがありました。でも、もういいかなって、ある意味あきらめの気持ちが強くなり、急に冷めてしまったのです。

今後の展望について・・・・稼いだ70万を再投資しよう!

70万円以上の収益をうみだしたNAVERにはとてもとても感謝しています。

まとめを作るのは楽しいですし、それがアクセスを稼いだり、ツイッターで誰かが話題にしてくれたり、お気に入りが毎日のように入ってくるのはとても嬉しいことで、誰かの心に響いたよかった、と思える瞬間です。情報を集めるアンテナや、タイトルの付け方など、試行錯誤をしながら、ネットで情報発信する経験を積むことが出来ました。

一方で、NAVERの意向に振り回される関係性にあることも理解しています。ルールを決めるのはNAVERです。まとめ作成者はそのルールに従うほかありません。

これから自分は何に力を入れていこうか・・・、自分の時間を何に費やすか?取り組む価値のあるものは何か?

ちょっと立ち止まって考えてみたいと思います。

The best way to predict the future is to invent it.